トップページ > お客様へ >災害時の対策 >4.応急給水用機具の保有

災害時の対策

4.応急給水用機具の保有

登録日:2011年02月01日

 災害時における給水施設の被災により一時的に送水不能となったり、あるいは水源汚染等により給水停止した場合に備えて、平常時から月1回給水車及び給水タンクを点検整備しています。また非常の際に消防署のタンク車や他都市の給水車の応援を受けられるようにしています。
 応急給水を受ける際に必要となるポリ容器等の備蓄については、家庭における震災対策の1つとして各ご家庭でも保有していただくよう、ご理解とご協力をお願いしているところですが、企業局としても日頃から一定程度の備蓄が必要と考え、非常用飲料水袋を給水戸数の15%程度の約20,000個を備蓄しています。
 給水車、給水タンクの保有状況は、表4のとおりです。


▲非常用飲料水袋(10リットル用)


▲給水車


表4 給水車及び給水タンクの保有状況
種別 保有者 台数 運搬能力 備考
給水車       4t




1 4.0m3

給水車       2t 2 4.0m3
給水タンク    2t 2 4.0m3
給水タンク  1.5t 4 6.0m3
給水タンク  1.2t 1 1.2m3
給水タンク    1t 2 2.0m3
給水タンク  0.5t 1 0.5m3
  13 21.7m3  


このページについてのお問合せは

奈良市企業局 経営管理課

TEL
0742-34-5200(代)
FAX
0742-34-9204
E-mail
お問合せフォームへ

<< 前のページへ戻る