トップページ > お客様へ >災害時の対策 >2.配水池緊急遮断弁等の設置

災害時の対策

2.配水池緊急遮断弁等の設置

登録日:2011年02月01日

 災害時の水道管の破損事故等による配水池からの水道水の流出を防ぎ、飲料水を確保する目的で緊急遮断弁及び逆止弁を設置しています。災害時には、配水池を水源として応急給水のための1日1人当たり3リットル程度を最低限とした飲料水を確保します。
 配水池緊急遮断弁等の設置箇所は表1、応急給水目標水量は表2のとおりです。


▲緊急遮断弁(φ600mm)
自己流速感知方式(差圧シリンダー)


表1 各配水池緊急遮断弁等設置箇所
施設名 容量(m3 緊急遮断弁 逆止弁
奈良阪配水池 7,000
3,000  
緑ヶ丘高区配水池 1,000 ※1
緑ヶ丘低区配水池 1,250 }○
1,250  
緑ヶ丘配水池 7,000 ※1
黒髪山配水池 5,000 }○
5,000
佐保山配水池 1,000 ※1
平城西第2配水池 16,400
平城西配水池 5,000
大渕第2配水池 7,700
大渕配水池 5,000
登美ヶ丘配水池 10,000
登美ヶ丘第2配水池 6,000
鳥見配水塔 2,700 }○
500
大和田配水池 1,000
白川配水池 10,000
5,000  
藤ノ木配水池 7,900 }○
2,600  
大渕配水塔 2,650
鳥見配水池 1,500 ※2 ※1
黒谷配水池 2,000
平城東配水池 2,500 }○
2,500  
大慈仙配水池 1,350 }○ }○
1,350
大平尾配水池 455 }○ }○
455
○ ・・・設置済み
} ・・・・合流後に緊急遮断弁設置
※1・・流入管立上り等で止水可能(逆止弁施設の必要なし)
※2・・送水ポンプ緊急停止制御装置設置


表2 応急給水目標水量
地震発生からの日数 目標水量
地震発生〜3日まで 3リットル/人・日
10日 20リットル/人・日
21日 100リットル/人・日
28日 被災前給水量


このページについてのお問合せは

奈良市企業局 経営管理課

TEL
0742-34-5200(代)
FAX
0742-34-9204
E-mail
お問合せフォームへ

<< 前のページへ戻る