トップページ > お客様へ >企業局からのお知らせ >大津市企業局との応急給水技術合同訓練について

企業局からのお知らせ

大津市企業局との応急給水技術合同訓練について

登録日:2019年11月27日

大津市企業局と応急給水技術合同訓練を実施しました。
 今回で5度目となる応急給水技術合同訓練を、令和元年10月25日(金曜日)に大津市企業局の瀬田公園配水池と新瀬田浄水場において実施しました。この合同訓練は、「大津市企業局・奈良市企業局間の包括協定」に基づき、地震等の災害や大規模事故時に生活に欠かせない飲料水や生活用水を速やかに確保し、迅速な応急給水活動が行えるよう、職員の教育と技術の継承を目的として行いました。

合同訓練の実施日等
■令和元年10月25日(金曜日)
■大津市企業局 瀬田公園配水池(大津市一里山六丁目)・新瀬田浄水場(大津市萱野浦)

応急給水技術合同訓練の内容

■応急給水技術合同訓練の開会訓示




■給水ポイントから給水車に注水・補水
瀬田公園配水池の給水ポイント(消火栓スタンド)で、残留塩素を測定したのち給水車へ注水・補水する訓練を行いました。





■応急給水栓を使用した給水   
  残留塩素及び濁度を測定したのち応急給水栓を使用して給水袋(飲料水袋)に給水する 訓練を行いました。





■給水車の加圧給水装置を使用して給水コンテナへ給水
給水車の加圧給水装置を使用して、給水コンテナ(容量1000L)に給水する訓練を行いました。
この訓練は、給水車で運搬した水を病院や集合住宅の受水槽等に給水する訓練になり ます。また、給水コンテナに給水する訓練は、災害時に応急の給水拠点として給水コンテ ナを使用するための訓練です。






■給水車を走行させて運転技術の習得
給水車の運転は日常業務ではあまり行わないため、運転技術の向上を図るための訓練を行いました。

 



■事故対応研修(平成30年7月豪雨応援活動報告・事故事例と対応について)
昨年度発生した、西日本豪雨災害での応急給水活動報告から、昨今頻発する災害に伴う断水時の応急給水活動をどう対応するか、座学で研修を行いました。


 

このページについてのお問合せは

奈良市企業局 経営企画課

TEL
0742-34-5200(代)
FAX
0742-34-9204
E-mail
お問合せフォームへ

<< 前のページへ戻る