トップページ > よくある質問 > 水道水質に関して > 水源汚染事故や浄水場への毒物投入に対しどのような対策をしていますか?

水道水質に関して

水源汚染事故や浄水場への毒物投入に対しどのような対策をしていますか?

登録日:2011年02月01日

奈良市の水源河川である布目川・白砂川からの導水路の合流地点に自動水質監視装置を設置して布目川と白砂川の水を交互に測定しています。異常があれば取水停止等の措置がすぐにとれるようにしています。バイオアッセイによる原水の24時間監視も行っています。
また緑ヶ丘浄水場も無断で出入りができないよう門扉を閉めています。テレビカメラを設置して常時出入り口を監視し、遠隔操作で門扉の開閉を行っています。浄水場の周囲に赤外線センサーを設置し、夜間における不法侵入も監視しています。

このページについてのお問合せは

奈良市企業局 浄水課

TEL
0742-22-6456
FAX
0742-22-2429
E-mail
お問合せフォームへ

<< 前のページへ戻る

よくある質問

インターネットによる水道使用開始・中止のお届け

古都なら 奈良電子自治体共同運営システム